包茎は色々なデメリットがある

“包茎は男性特有の悩みとしてかなりポピュラーな悩みです。
日本人男性の約7割が包茎であるという統計データもでています。
多くの男性が抱えるこの包茎は色々なデメリットがあるのです。
包茎であるという恥ずかしさから人に見られたくない、包茎が気になって女性に対して積極的になれない、など精神的なコンプレックスをもつ人が多いのです。
精神面以外でもデメリットはあります。それは衛生面です。
包茎の場合、恥垢というカスがたまりやすくなります。恥垢に細菌が繁殖し匂いも強烈になります。またこの細菌によって包皮炎、亀頭炎、尿道炎などの感染症を引き起こす可能性もあります。
そしてこの状況でセックスしてしまうと、パートナーに膣炎や性病はもちろんのこと、子宮頸がんなどの大きな病気も繁殖した細菌が原因で引き起こされることもあります。
このように包茎には色々なデメリットがあります。
包茎を治療するには泌尿器科や美容外科での手術法になります。手術方法は、包皮を切除してから縫合する方法になります。
一般的に全身麻酔を使用しての手術になるので痛みは全くありません。
包茎は百害あって一利なしです。精神的にも衛生的にも早めの手術をおすすめします。”