包茎は不潔

日本人男性は包茎の方の割合が多いですが、そのような包茎は不潔になってしまうこともあります。

ちゃんと剥けているのであれば、お風呂などに入った時にもしっかり洗うことが出来ますので衛生的にもとても綺麗になってきます。
しかし、包茎の場合は包皮が亀頭をすっぽりと覆いかぶさってしまいますので、そこに垢などが溜まっていってしまうことがあります。

ですので、お風呂に入った時に包皮を剥いて、亀頭を露出させ隅々まで洗わないと不衛生になりがちになります。
また、臭いなどもそのような垢が原因できつくなってしまうといったデメリットもあります。

もちろん、包茎もちゃんと剥くことができれば、セックスなどの際には問題はないです。
しかし、やはりちゃんと洗わないと、包皮が剥けている人と比べると不衛生になりがちになってしまいますので、女性からも良い顔をされてしまう場合が多いです。

また、包茎でも包皮を剥くことが出来ない真性包茎などは、洗うことも出来ないためかなり不潔になってしまうこともあります。
そのため、真性包茎の方はセックス目的でなくとも、衛生的な問題で手術をして包茎を治してもらうことも大切です。

包茎は不潔と言われないように、毎日綺麗に掃除をするかクリニックに行ってその治療を行うのが良いのです。

女性に嫌われないためにも包茎治療

包茎は、男性にとってはコンプレックスになっている部分の一つでもあります。
包茎と言っても、その状態によって3種類に分けられています。
まずほとんどの男性に多いと言われている状態なのが仮性包茎です。
仮性包茎については、勃起時には自然と亀頭を包む皮が剥かれている状態になることが多く、性交渉にはほとんど問題ありません。
また、自分で皮を剥こうとすれば剥けるので、それほど気にしない人は多いようです。
問題となってくるのは、カントン包茎と真性包茎です。
カントン包茎とは、手で皮を剥くことはできますが、剥いた皮の厚みによって陰茎を圧迫してしまう状態のことを言います。
また真性包茎については、手で皮を剥くことが困難な状態であり、亀頭部分を露出させることができない包茎のことを言います。
カントン包茎と真性包茎については、性交渉を行うことがとても難しく、包茎治療を必要とします。
もしそのまま放置しておくと、陰茎と皮の間に垢や汚れが溜まっていき、不衛生な状態になります。
女性に嫌われないためには、専門のクリニックに行って、治療をすることが大切です。
包茎手術は、多くは日帰り手術で行うことができますし、手術をすれば性交渉を問題なく行うことができます。