アルフレッド・キンゼイの包茎・早漏にエバーラスト

アルフレッド・キンゼイは有名なアメリカの性科学者で、彼が行ったセックスに関する大規模な調査の報告書であるキンゼイレポートがよく知られています。アルフレッド・キンゼイがまとめたこのレポートは、今から70年近くも前に発表されたもので、男女約1万8500名に対してセックスに関する面接調査を行い、それを膨大なレポートにまとめたものとなっています。

調査内容は実に多義にわたり、思春期における性的興奮から、年齢別に分けたセックスの傾向、夫婦の性生活の実態、さらには職業別あるいは階層別の性生活など、様々なライフスタイルがまとめられています。性に対してあまりオープンではなかった時代にまとめられたレポートだったのでアルフレッド・キンゼイに対する批判も多かったようですが、他人には言いにくい性の悩みが男女の関係にどのような影響を与えるかなど、大切な内容が多く含まれていました。

たとえば、包茎で悩んでいる男性がいます。包茎は親にも友人にも相談しにくいものです。ましてや恋人に包茎であることがばれたらどうしようと悩んでいる男性が少なくないのです。また、包茎になると、早漏になりやすく、そのために性行為においてパートナーを満足させることが難しくなります。アルフレッド・キンゼイの時代には、早漏を解消するための特効薬などありませんでしたから、一層悩みは深刻だったことでしょう。

しかし、今は早漏を解消する様々な薬があります。たとえばエバーラストという薬があります。早漏防止薬としては、スプレーやクリームが多い中で、このエバーラストは内服薬であることが特徴になっています。実は、エバーラストはアメリカのジャンセン製薬が販売しているプリリジーという薬のジェネリック薬品で、格安で購入することができます。セックスの前に服用すれば、これまで2~3分で射精していた男性が20分は大丈夫という効果の高い薬です。